大学職員.net -Blog/News-で“ノーベル賞”タグの付いているブログ記事

カルフォルニア大学 中村修二教授がノーベル物理学賞受賞

2014年10月 8日
 

カルフォルニア大学の中村修二教授がノーベル物理学賞を受賞しました。

スウェーデン王立科学アカデミーは、2014年ノーベル物理学賞を、青色発光ダイオードを世界で初めて実現させた名城大学の赤﨑勇教授、名古屋大学の天野浩教授、カリフォルニア大学の中村修二教授ら3人に贈ると発表しました。

(カルフォルニア大学/2014.10.07)(一部抜粋)

UCSB's Shuji Nakamura wins Nobel Prize in physics

20141008-3.png

The 2014 Nobel Prize in physics has been awarded to Shuji Nakamura, professor of materials and of electrical and computer engineering at the University of California, Santa Barbara, and two others....(略)...

名城大学 赤﨑勇教授がノーベル物理学賞受賞

2014年10月 8日
 

名城大学の赤﨑勇教授がノーベル物理学賞を受賞しました。

スウェーデン王立科学アカデミーは、2014年ノーベル物理学賞を、青色発光ダイオードを世界で初めて実現させた名城大学の赤﨑勇教授、名古屋大学の天野浩教授、カリフォルニア大学の中村修二教授ら3人に贈ると発表しました。

(名城大学/2014.10.08)(一部抜粋)

赤﨑勇教授がノーベル物理学賞受賞!

20141008-2.png

スウェーデン王立科学アカデミーは10月7日、2014年ノーベル物理学賞を、青色発光ダイオード(青色LED)を世界で初めて実現させた本学の赤﨑勇終身教授(大学院理工学研究科教授)ら3人に贈ると発表しました。赤﨑教授は飯島澄男教授(カーボンナノチューブを発見)とともにここ数年、メディアなどで物理学賞、化学賞の両分野での有力候補にあげられ、受賞への期待が高まっていました。ノーベル物理学賞受賞は、名城大学はもちろん、日本中が待ち続けた朗報であり、中部地区の私立大学研究者がノーベル賞を受賞するのも初めてです。...(略)...

名古屋大学 天野 浩教授がノーベル物理学賞受賞

2014年10月 8日
 

名古屋大学の天野浩教授がノーベル物理学賞を受賞しました。

スウェーデン王立科学アカデミーは、2014年ノーベル物理学賞を、青色発光ダイオードを世界で初めて実現させた名城大学の赤﨑勇教授、名古屋大学の天野浩教授、カリフォルニア大学の中村修二教授ら3人に贈ると発表しました。

(名古屋大学/2014.10.07)(一部抜粋)

本学元教授の赤﨑 勇博士と本学工学研究科教授の天野 浩博士が2014ノーベル物理学賞を受賞

20141008-1 .png

本学の元教授である赤﨑 勇名古屋大学特別教授・同名誉教授・名城大学教授と本学現職である天野 浩名古屋大学大学院工学研究科教授がノーベル物理学賞を受賞しました。
赤﨑 勇特別教授は、昭和34年名古屋大学工学部助手、昭和39年同助教授を歴任した後、同年名古屋大学大学院工学研究科で工学博士の学位を取得。その後、民間企業に勤務され、昭和56年名古屋大学工学部教授に就任。平成4年には名城大学理工学部教授に就任し、平成16年12月に名古屋大学特別教授になられています。
天野 浩工学研究科教授は、昭和58年本学工学部を卒業、昭和63年同大学院工学研究科博士課程を修了した後、名古屋大学助手、名城大学助教授、同教授を経て、平成22年から名古屋大学大学院工学研究科教授になられています。

京都大学 山中伸弥教授がノーベル生理学・医学賞受賞

2012年10月 9日
 

京都大学の山中伸弥教授がノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

(京都大学/2012.10.08)(一部抜粋)

山中伸弥 iPS細胞研究所長・教授がノーベル生理学・医学賞を受賞

山中伸弥 iPS細胞研究所長・教授(物質-細胞統合システム拠点 連携主任研究者)のノーベル生理学・医学賞受賞が決定しました。

北海道大学 鈴木章名誉教授がノーベル化学賞受賞

2010年10月 7日
 

北海道大学の鈴木章名誉教授がノーベル化学賞を受賞しました。

(北海道大学/2010.10.06)(一部抜粋)

鈴木章名誉教授ノーベル化学賞受賞決定

  スウェーデン王立科学アカデミーは10月6日、2010年のノーベル化学賞を鈴木章北海道大学名誉教授に授与すると発表しました。

 鈴木章先生は、昭和5(1930)年9月12日、北海道鵡川町でお生まれになりました。昭和35(1960)年北海道大学理学研究科博士課程を修了後、昭和36(1961)年同工学部合成化学工学科助教授、昭和48(1973)年同応用化学科教授に昇任され、平成6(1994)年停年退官、北海道大学名誉教授となっております。その後平成6(1994)年から岡山理科大学教授、平成7(1995)年から平成14(2002)年まで倉敷芸術科学大学教授を務められ、先生のライフワークでありますホウ素化学の研究を展開されました。この間、昭和38(1963)年から2年間H. C. Brown研究室(米国Purdue大学)博士研究員として、有機ホウ素化合物の合成と利用に関する研究に従事、帰国後この分野をさらに発展させ世界をリードする多くの卓越した業績を挙げております。中でも昭和54(1979)年に報告されたパラジウム触媒を用いる有機ホウ素化合物のクロスカップリング反応は有機合成化学のみならず、触媒化学や材料科学などの広い分野に多大な影響を及ぼした御研究であり、今回の受賞理由となった"Suzuki coupling反応"として広く世界的に認知される新たな研究分野を開拓されました。反応は広範な一般性と実用性を有しており、医薬品を含む数々の生理活性天然物合成に利用されております。

シカゴ大学 南部陽一郎名誉教授がノーベル物理学賞受賞

2008年10月10日
 

シカゴ大学の南部陽一郎名誉教授がノーベル物理学賞を受賞しました。

(The University of Chicago/2008.10.07)(一部抜粋)

Yoichiro Nambu awarded 2008 Nobel Prize in Physics

Yoichiro Nambu, the Harry Pratt Judson Distinguished Service Professor Emeritus in Physics and the Enrico Fermi Institute, and one of the leading figures in the development of modern particle physics, on Tuesday was awarded the 2008 Nobel Prize in Physics....(略)...

大学のトップページにも画像つきでPRされていますね。
20081010-2.GIF

京都産業大学 益川敏英教授がノーベル物理学賞受賞

2008年10月10日
 

京都産業大学の益川敏英教授がノーベル物理学賞を受賞しました。

(京都産業大学/2008.10.07)(一部抜粋)

益川敏英教授 ノーベル賞受賞

 10月7日、スウェーデン王立科学アカデミーより、本年のノーベル物理学賞を本学理学部の益川敏英教授に贈るとの発表がありました。

大学の公式サイトにも画像つきでPRされていますね。
20081010.GIF